潮流発電・小水力発電・新電力事業を展開する内海発電が新電力の仕組みについてご説明します

新電力の仕組みについて

日本の電力市場を大きく塗り替える存在

2016年4月1日から電力の小売全面自由化が実施されたことで、日本の電力市場は大きく様変わりを果たしつつあります。その主役となるのが新電力事業者。発送電の設備を持たず電力の仕入れと販売に徹するその事業スタイルにより、こうした事業者は電力を大手より格段に安く提供できるといった特徴を持っています。こちらでは、新電力の提供をメインとした電力サービス会社「イーレックス株式会社」の正規代理店である「内海発電」が、新電力事業についてそのアウトラインをご説明しています。

新電力とは

大手とは異なる特定規模電気事業者

新電力とは、既存の大手電力会社である一般電気事業者(東京電力をはじめ北海道から沖縄県を管轄する電力会社10社)とは異なる特定規模電気事業者(PPS:Power Producer and Supplier)のことで、「契約電力が50kW以上の需要家に対して、一般電気事業者が持つ送電網を通じて電力供給を行う事業者」のことを指しています。

小売全面自由化で一気に参入が拡大

新電力の登場は2000年の規制緩和がきっかけですが、2016年4月1日から電力の小売全面自由化が実施されたことで、 新電力会社は「小売電気事業者」の登録があれば、一般家庭や商店などの50kW未満の契約でも契約できるようになるなど、一気に参入が進む素地が整備されています。

自社発電所の拡充をおこない、電気の安定供給を

イーレックスでは、安定的な電力供給を実現するため、様々な燃料検討を行ない、電源の確保に務めています。そのなかでもPKSを使用するバイオマス発電による再生可能エネルギー開発を積極的に行なっています。PKSを燃料として発電するバイオマス発電は、二酸化炭素排出係数を低減できるクリーンなエネルギーとして推奨しており、安定的な発電方式としてもお勧めさせて頂いています。

人件費などの固定費が低く抑えられる

発送電の設備を持たないということは、これを維持管理するための人的コストも不要ということ。

新着情報

pagetop